パソコン・周辺機器の総合デバイスドライバーリンク集 賢く使って時間の節約。自作パソコンにも

超ドライバリンク集

HOME
HOME
掲示板
掲示板
メーカー製PC
デスクトップパソコンノートブックパソコン
自作系PC・各種ボード
マザーボードビデオボードサウンドボードBIOSUSBボード
周辺機器(入力)
マウスキーボードスキャナWebカメラ
周辺機器(出力)
プリンタモニタ液晶モニタ
各種ドライブ
ハードディスクCDDVD
デジカメ関連
デジカメメディアRW
ネットワーク関連
LANボード・カードモデムルータープリンタサーバ
その他

カスタマイズ | ヘルプ

新着情報
ページの更新などを報告します。


新規投稿ツリー表示一括表示リスト表示検索

質問の時は、出来るだけ自分のPC環境を詳しく書きましょう。

この記事No.51 を本当に削除しますか?
(この記事以下の全てのツリーを含む)

削除をするには管理パスワードが必要です。
管理パスワード:

■ ドライバ サポートページの作りが下手なメーカー例
投稿者:管理人 さん  
投稿日: 2003/03/23 (日) 14:25 No.51 | 編集 | 削除

このサイトを作り始めて、2年弱が経ちました。
各メーカーのWebでのサポート状況に関しては、必然的に詳しくなって
きました。

 メーカーのドライバサイトは、URLが変わったりするのはしょっちゅうで、
かなり頻繁にリンクが切れてしまいます。
 ページを移転するのなら、移転先などを示すのがマナーであると思います
が、FILE NOT FOUNDを平気で見せるサイトが多いのが現状です。


 連休の時間を少し使い、今回一気にリンク切れを直しましたが、その
時に気がついた、メーカーのサイト作りで下手な例を示します。

サポートページの作りが下手なサイト

 HAGIWARA SYS-COM
 http://www.hscjpn.co.jp/download/down.html

 Logicool
 http://www.logicool.jp/download/main.html

 YAMAHA
 http://www.yamaha.co.jp/product/computer/pdf_jpn/pdf_down.html

 これらはいずれも、ダウンロードのページですが、直前のディレクトリ
名とファイル名がかぶっている、あるいは意味の無いファイル名に
なっているものです。

 一般的には、ディレクトリのルートファイル(一番最初に表示される
ページ)は、index.htm あるいは index.html です。

 しかし、これらのページは意味も無く down.html や main.htmlを
使っている為、例えば

 http://www.hscjpn.co.jp/download/
 http://www.logicool.jp/download/
 http://www.yamaha.co.jp/product/computer/pdf_jpn/

 としてアクセスすると、Forbidden という無機質な Apacheのエラー
メッセージが返されます。down.html や main.html やというファイルを
使っていたとしても、Apacheの設定を行えば、それらのファイル名を
ルートにする事は可能ですが、現在の状況は非常にお粗末であると
思います。

 しっかり作られている企業サイトは、ファイル名の付け方も一貫して
いますし、FILE NOT FOUND や、Forbidden というメッセージで、お客を
逃がすような事はしません。エラーメッセージを統一させ、トップペー
ジに誘導させるなどの方法を使います。

 例えば、IBMのサイトで、ありえないURLを指定しても、Apacheデフォ
ルトのエラーメッセージを返す事はありません。私の経験では、一般的に
米国系が元の会社はこのような対応がよくなされています。
 全てのサポートページがこのような対応になるように願わずにはいられ
ません。

 ↓IBMのサイトで、ありえないページを指定した時に表示される画面
  http://www-6.ibm.com/jp/aaaaaaaaaaaaa.htm

[ この記事にコメントを返信する ] [ 原文引用 ]

- TOP -

管理者: Himajin
NICOLE's - WWWForum 3.7c